月のしずく
作詞:Satomi 作曲:松本良喜

言(こと)ノ葉(は)は 月(つき)のしずくの恋(しら)文(べ)
哀(かな)しみは 泡沫(うたかた)の夢幻(むげん)
匂(にじ)艶(いろ)は 愛(あい)をささやく吐(と)息(いき)
戦(いくさ) 災(わざわ)う声(こえ)は 蝉(せみ)時(し)雨(ぐれ)の風(かぜ)
時間(じかん)の果(は)てで 冷(さ)めゆく愛(あい)の温(ぬ)度(くもり)
過(す)ぎし儚(はかな)き 思(おも)い出(で)を照(て)らしてゆく
「逢(あ)いたい…」と思(おも)う気(き)持(も)ちは
そっと 今(いま)、願(ねが)いになる
哀(かな)しみを月(つき)のしずくが 今日(きょう)もまた濡(ぬ)らしてゆく
下(か)弦(げん)の(つき)月(つき)が 浮(う)かぶ
鏡(かがみ)のような水(み)面(なも)
世(よ)に咲(さ)き誇(ほこ)った 万(まん)葉(よう)の花(はな)は移(うつ)りにけりな
哀(かな)しみで人(ひと)の心(こころ)を 染(そ)めゆく
「恋(こ)しい…」と詠(よ)む言(こと)ノ葉(は)は
そっと 今(いま)、天(あま)つ彼(か)方(なた)
哀(かな)しみを月(つき)のしずくが 今日(きょう)もまた濡(ぬ)らしてゆく
「逢(あ)いたい…」と思(おも)う気(き)持(も)ちは
そっと 今(いま)、願(ねが)いになる
哀(かな)しみを月(つき)のしずくが 今日(きょう)もまた濡(ぬ)らしてゆく
下(か)弦(げん)の月(つき)が 謡(うた)う
永(えい)遠(えん)に続(つづ)く愛(あい)を…

----------------------------------------------------------

“Tsuki no Shizuku”

Kotonoha tsuki no shizuku no shirabe
Kanashimi wa utakata no mugen
Niji iro wa ai o sasayaku toiki
Ikusawazawau koe wa semishigure no kaze

Jikan no hate de sameyuku ai no nukumori
Sugishi hakanaki omoide o terashite yuku

"Aitai..." to omou kimochi wa
Sotto ima negai ni naru
Kanashimi o tsuki no shizuku ga kyou mo mata nurashiteyuku

Kagen no tsuki ga ukabu
Kagami no youna minamo

Yo ni saki hokotta man'you no hana wa utsuri nikeri na
Kanashimi de hito no kokoro o some yuku

"Koishii..." to yomu kotonoha wa
Sotto ima amatsu kanata
Kanashimi o tsuki no shizuku ga kyou mo mata nurashite yuku
"Aitai..." to omou kimochi wa
Sotto ima negai ni naru
Kanashimi o tsuki no shizuku ga kyou mo mata nurashite yuku

Kagen no tsuki ga utau
Eien ni tsuzuku ai o...

----------------------------------------------------------

“月的點滴”
作詞:Satomi 作曲:松本良喜

言語是月的點滴的戀文
悲傷是泡沫的夢幻

鮮豔的底色 低吟愛情的嘆息
戰禍的聲音 是喧囂蟬聲的風

在時間的盡頭 漸漸冷卻的愛情溫度
逝去的虛幻無常 漸漸照耀著回憶

「想見你......」的心情
悄悄的 現在變成心願
悲傷的月兒點滴 今天也又漸漸濡濕

浮現了下弦月
在如鏡般的水面

盛開在世間的萬葉花朵定會沾染上
用悲傷沾染在人的心底
詠嘆著「心愛的.......」的言語
悄悄的 現在 在天際彼方
悲傷的月兒點滴 今天也又漸漸濡濕

「想見你......」的心情
悄悄的 現在變成心願
悲傷的月兒點滴 今天也又漸漸濡濕

下弦月吟唱著
永遠持續的愛......

創作者介紹

沒有目地的旅行

easonlin 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()