Fated宿命


運命を君は信じてる
それまでの何もかも全て
変えていってしまう様な一瞬の出会い
願った瞬間にきずく
触れ合って確信に変わる
だけどそこで人は一度足がすくむ
頬を打つ風がリアルさを伝えてる
これは幻なんかじゃないんだって そうささやく
届かない声だと思ってた
叶わない夢だと思ってた
今僕の目の前にいるのは
何かの誰でもなく 君...
この道が何処へ繫がたって
どんな風に続いてるのか
想像したって見当なんてつくわけもなく
強くありたいと思うことに心は
反比例するように弱くなって行く気がして
泣きながら君の名を叫んだ
夢なら覚めないでと願った
ああ 僕の目の前にいたのは
何かの誰でもなく 君...
頬を打つ風がリアルさを伝えてる
これは幻なんかじゃないんだって そうささやく
愛してると言われた数だけ
愛される僕がいられたなら
愛してると言った数だけ
愛していたなら
届かない声かとあきらめた
叶わない夢だとあきらめた
ねえ 僕の目の前にいたのは
本当の君だったのに






easonlin 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()